予防歯科

予防歯科とは、健康な乳歯を育て健康な永久歯にする事を目的とし、さらに一生涯に渡
って歯を守り育てることで、生きがいのある人生を送っていただく事が究極の目的である
と考えております。
その為には、かかりつけ医として、必要な情報提供や予防処置を定期的にする事が必要
です。自分が虫歯や歯周病になり易いのかなりにくいのかを知る事も必要ではないでしょ
うか?
困った時に、何でも相談できる歯医者さんはいますか?
ご一緒に歯を守ることを真剣に考えてみませんか?
子供の歯の予防は、出産前から始まります。
母から子へ虫歯菌は感染するので、妊娠する前に
母親は虫歯のない清潔なお口にしておかなければ
なりません。お父さんのお口の中も同じです。
手入れの行き届いたお口の中では、虫歯菌や
歯周病菌(悪玉菌)の数は激減します。
お口の中の善玉菌を増やして悪玉菌の勢力を弱
める為にも、毎日の歯磨きは大切です。
生後乳歯が生えるまでは、虫歯菌はいません。
虫歯菌は歯にくっついて生息するのです。
生後1年までは、母乳でしっかり上顎の成長を促し、
歯の生えるベースを作りましょう!

赤ちゃんは母乳を吸っているのではなく、上顎と下顎
で噛むようにして、舌の蠕動運動でおっぱいを絞り出
しています。この運動をしっかりする事で顎が発育す
るので、将来の歯並びには、とっても重要です。
生後6ヶ月頃,下の前歯から乳歯が生えてきます。
ポイントは歯磨き嫌いの子供にしない事!
無理やり押さえつけてする歯磨きは禁物です。
それよりも食べたら磨く習慣を規則正しい生活習慣
として身につけさせる事が最も大切です。
まずは、親が手本を子供に見せましょう。
最初は、ハブラシで歯をくすぐる程度で楽しくする
事が重要です。
3才頃に乳歯列の完成です。
子供が磨いた後で、仕上げ磨きをしてほめてあげ
ましょう。
6才頃に下の前歯から永久歯に生え変わり始め
ます。この頃には、乳歯の奥歯の奥に6才臼歯も
生えてきます。さらに仕上げ磨きが必要です。
これから12才頃までに自分の歯は自分で守れる
ように歯磨き習慣をつけてあげなければなりません。
この頃になると、奥歯も永久歯に生え変わり始め
ます。生えたばかりの幼弱永久歯は、虫歯になり
易いので注意が必要です。
12才頃、永久歯が完成します。
思春期ごろになると歯肉が赤く腫れたり出血しやすく
なり、歯周病の予防も考えなければなりません。
これから一生涯に渡る予防が健康的な生活の為に
は不可欠です。

ご一緒に歯を守るために頑張っていきませんか?



TOP



上手なおやつの食べ方