上手なおやつの食べ方

どんなおやつの食べ方がいいんでしょか?
上のイラストは、3度の食事と1回のおやつ(缶ジュース1本)を食べたときの歯の表面でお
こる脱灰(歯の表面が溶けること)と再石灰化(溶けたミネラルがまた歯にもどり固まること)
の様子を示しています。簡単に言うと、脱灰してる時間より再石灰化の時間が長ければ虫
歯になりませんが、脱灰の時間が長ければ当然、歯は溶けて虫歯になってしまいます。

同じ食べ方でも、唾液の量が少ないとか、唾液の性能が悪いと脱灰の時間が長くなり虫歯
になってしまいます。(真中のイラスト)

当然、一番下のイラストのように飲食回数が多いと脱灰の時間が長くなり虫歯になり易くな
ります。最悪なのは寝る前に食べると、寝ている間は唾液があまり出ないので、虫歯になっ
てしまいます。
休日などに1日中食べたり、のどが痛いからと飴をずっとなめたりしてませんか?

まとめ!1 食事は3回しっかりとり、間食はひかえる。
     2 唾液がよく出るようにしっかり噛む! 目標 1口30回
     3 間食の量より、回数が虫歯に影響する ジュース1本 飴1個でも1回の食事
     4 キシリトールガムは歯に良い 
     5 寝る前に食べない。睡眠中は唾液がほとんど出ないので虫歯になり易い


TOP